カテゴリー別アーカイブ: 口腔衛生

矯正治療中のフロスの使い方について

こんにちは。 歯科衛生士の益子です。

暑いですね。毎日アイスが食べたくて仕方ないです。(笑)

アイスを食べたら歯磨きを忘れないように!!

今日は「矯正中はフロスが使えないですよね?」と患者さんから質問がありましたので、お答えしようと思います。

フロス使えます!!!

少し難しいかもしれませんが、使えます!!!

やり方を写真で説明したいと思います。

 

まず、フロスを長めにとります。

DS_0004

 

 

 

矯正装置の隙間(ワイヤーと歯の間)からフロスを通します。

DSC_0006

 

そのままフロスを下に伸ばします。

DS_0007

 

フロスの上と下を持ちそのまま歯と歯の間に入れます。

DSC_0004

 

歯に添わせるように左右に動かし、汚れをかきだしてください。

DSC_0009DSC_0010

 

装置の入っているところは同じように出来ます。

奥歯は難しいかもしれませんが、フロスをオススメします。

歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは取れません。

装置をつけると今までより磨きにくくなります。

矯正治療中に虫歯にならないように

なるべく時間をかけてしっかり磨きましょう。

やり方がわからない方は遠慮なく聞いてください。

 

ホームケアについて

こんにちは。歯科衛生士の益子です。

 

今日はティースマイル矯正歯科でお勧めしているホームケア用品についてご紹介したいと思います。

 

歯みがき粉

IMG_7537[1]

左は大人用のフッ素配合、低研磨、歯に優しい歯みがき粉です。

中央は子供用のフッ素配合の歯みがき粉です。味は人気のグレープ味です。

右はホワイトニング効果のある歯みがき粉です。着色の気になる方には特にオススメです。

 

歯ブラシは子供用歯ブラシ、大人用の歯ブラシ、タフトブラシがあります。

IMG_7544[1]

 

子供用歯ブラシはブラシの部分が小さく、持ち手も小さいので、お子様本人でも磨きやすくなっています。

持ち手に名前が書けるので学校などにも持って行けて便利です。

IMG_7558[1]

 

大人用歯ブラシは2種類あります。

まず、この歯ブラシは市販で売られているものより毛の部分が小さく、汚れも取りやすいです。

IMG_7551[1]

 

こちらの歯ブラシ(ルシェロ)は毛先の先端が長くなっているので噛み合わせの部分にフィットしやすく、取りにくい奥の汚れもかき出します。

IMG_7547[1]

 

当院で矯正治療を始められる方には、大人用歯ブラシあるいは子供用歯ブラシを1本差し上げております。

 

タフトブラシとは

IMG_7542[1]

先が小さくなっているので、奥歯や磨きにくい矯正装置のところなどにとても使いやすいです。

 

デンタルフロス

IMG_7534[1]

デンタルフロスとは歯と歯の間など歯ブラシでは取り切れないところをお掃除するものです。

矯正治療中の方にも使えます。

 

 

リテーナーシャイン

IMG_7541[1]

取り外しの装置専用の洗浄剤です。コップ1杯の水に粉を入れるだけで装置がキレイになります。

 

すべて受付で購入できますので、気になるものがあれば遠慮なくご相談ください。