投稿者「ティースマイル矯正歯科」のアーカイブ

矯正歯科の選びかた

院長の藤田です。

以前より各方面から、どこで矯正治療をやっていいか分からない、といった声を聞きますので、私見ですが、お役に立てられればと思い記します。

・日本矯正歯科学会の指導医、認定医の資格を持っているか

当院のホームページにも記載しておりますが、矯正治療は歯科の中でも特殊な分野で、私を含め矯正治療を専門に行っている歯科医師の多くは大学の歯学部を卒業してから、大学の矯正科に入局し、矯正治療を専門に数年にわたり勉強しています。もちろん違う形で勉強される先生もおられますが、多くの先生はこの形です。要するに、矯正治療を行うにあたっては、専門に勉強する期間がある程度必要かと思われます。

その後、多くの先生は日本矯正歯科学会の認定医取得を目指します。認定医取得に当たっては、一定の経験、実績が必要で、矯正治療を専門に勉強してきたことの一つの目安になると考えられています。ちなみに矯正治療自体は日本矯正歯科学会の認定医でなくても、歯科医師であれば誰でも行うことができます。

私は、指導医と認定医という資格を持っていますが、指導医というのは認定医以上の経験、実績を積み、認定医を指導養成する資格になります。

・見えない矯正、マウスピース矯正、非抜歯矯正など、患者さんにとって魅力的な言葉を前面に押し出す歯科医院は注意が必要です。

近年、見えない矯正、マウスピース矯正、非抜歯矯正など、患者さんにとっては魅力的な言葉を前面に押し出す歯科医院が増えています。もちろん当院でも、見えない矯正やマウスピース矯正も行っておりますし、非抜歯で矯正治療を行うこともあります。ただ、これらはあくまで矯正治療を行うにあたっての手段の一つで、それありきで考えることは患者さんにとって望ましい結果が得られない可能性があり、疑問です。矯正治療は、現在の状態を分析把握し、どのようなゴールを目指し、それを達成するためにどのようなことが必要か、それらを基に患者さんの希望等をお聞きして、患者さんが納得した方法で、進めていくことが重要です。ただ実際には不適切な診断、方法で矯正治療を行うことが横行しており、そういった患者さんが当院にも駆け込まれるといったことが現実にあります。そういった患者さんを目にすると、これまでにかかった患者さんの時間やお金などを考えて非常に悲しくなると同時に、矯正治療に対する啓蒙といったものがまだまだ足りないのではないかと考えさせられます。

・矯正治療を行う期間よりも矯正治療が終わった後の人生のほうがはるかに長い!

矯正治療は、上記した装置や歯科矯正用アンカースクリュー、ワイヤー、ブラケットなど、装置に関しては近年めざましい進化を遂げています。特に歯科矯正用アンカースクリューは歯の移動に重要な固定の概念を変えるもので、これにより矯正治療は大きく変化したと考えられます。ただ、これら装置は大きく進化してきたものの、歯に力を加えて移動するという根本的なところは全く変わっていません。見えない矯正にしろ、マウスピースにしろ、あくまで歯を移動するという大きなくくりの中にある手段の一つですので、メリットデメリットをよく把握した上で選択することが重要です。一般的には、矯正治療を行う期間よりも矯正治療が終わった後の人生のほうがはるかに長いのです。矯正治療を行うこと自体が目的ではなく、その後の長い人生を有意義に過ごすことを目的に考えていただければと思います。

矯正治療は、時間もお金もかかる治療ですので、始めるにあたっては慎重になられるかと思います。実際に治療を始めると、面倒なことも増えるかとは思います。しかしながら治療が進んでいくに従って、患者さんに喜んでいただき、治療が終了したときの患者さんの笑顔はわれわれにとっても何物にも代えがたい喜びです。是非上記のことを参考にしていただき、矯正歯科選びの一助となれば幸いです。

ティースマイル矯正歯科 院長 藤田 正

消費税率引き上げに伴う当院対応に関するお知らせ

この度、消費税法改正が決定したことを受けまして、当院における消費税の取り扱いにつきまして、下記の通り対応させていただきますので、ご案内いたします。

相談料、検査料、診断料、調節料、観察料:それぞれ当日の消費税率

歯ブラシ、歯磨剤などの物品:販売当日の消費税率

基本治療費:装置装着当日の消費税率

基本治療費につきましては、装置装着日の消費税率が適用となります。装置装着までには、何か月かかかる場合もありますので、消費税率引き上げ前のお支払いを希望される場合には、早めに来院されることをお勧めします。

なお、現在装置装着済みで通院中の方の口座引き落としにつきましては、消費税率引き上げ後も変更はありません。

以上よろしくお願いいたします。

ティースマイル矯正歯科 院長 藤田 正

改装工事

現在当院は改装工事中ですが、診察は通常通り行っております。

工事中は、騒音等でご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

なお、9月24日(月)から10月1日(月)は工事に伴い休診となります。

院長 藤田 正

料金改定につきまして

平成30年5月1日に料金の改定を行いますので、お知らせします。

今までの当院の料金は調節料の上限を決めたトータルフィーシステムでしたが、今回の改定から調節料も含めたトータルフィーシステムとなります。これにより、通院時に受付で調節料のお支払いの必要がなくなります。

※治療費には別途消費税がかかります。

※通院時おきの調節料および矯正治療後のメインテナンスである保定期間(3年間)の観察料は基本治療費に含まれます。

※むし歯・歯周病の治療、抜歯等が必要な場合は、処置を行う医院にて別途お支払いが必要です。

※装置の紛失等については別途料金がかかります。

平成30年5月1日以降に初診で来院された方からは以下の料金が適用になります。料金は相談料+検査料+診断料+基本治療費となります(税別)。基本治療費のお支払いは分割が可能です。

なお現在通院中の方は料金の変更はありません。引き続き現行の料金となります。

相談料:3,000円

検査料:7,000円

診断料:40,000円

大人の矯正治療:基本治療費(装置によって以下のようになります)

  • 表側の装置 :800,000円
  • 上が裏側、下が表側の装置:1,100,000円~1,200,000円
  • 上下とも裏側の装置:1,400,000円~1,500,000円
  • マウスピース(インビザライン):900,000円

子どもの矯正治療:基本治療費

  • 一段階目:400,000円
  • 二段階目:上記大人の矯正治療の基本治療費からそれぞれ400,000円を差し引いた金額となります。

部分的な矯正治療(上の前歯のみに装置をつける矯正治療)

  • 表側の装置:400,000円
  • 裏側の装置:600,000円
  • マウスピース(アソアライナー):600,000円

 

よろしくお願いいたします。

ティースマイル矯正歯科 院長 藤田 正

 

2周年のご挨拶

院長の藤田です。

本日ティースマイル矯正歯科は開院して2年となりました。

おかげさまで多くの患者様に来院いただき、開院以来支えていただいた多くの方々にこの場を借りましてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

当院のコンセプトである、“良質な矯正治療をなるべく多くの方々に”をさらに実践するためこれからも日々研鑽を積んでいく所存です。学会や勉強会に参加するため、休診にさせていただくこともありますがご理解いただければと思います。

ご予約が取りづらい時期もありましたが、4月からスタッフを増員し、予約枠を拡大しましたので、現在はご予約が取りやすくなっております。また、女性の矯正専門歯科医師も在籍しておりますので、診療のご希望がありましたらお申し出ください。

今後ともティースマイル矯正歯科をよろしくお願いいたします。

院長 藤田 正

スタッフ募集

ただいまティースマイル矯正歯科ではスタッフを募集しております。

職種は歯科医師、歯科衛生士、受付です。

興味のある方はホームページのスタッフ募集のページをご覧ください。

お電話もしくはホームページのお問い合わせフォームからご連絡お待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

ママンペール

今日は花金ですね。

こんにちは。歯科衛生士の益子です。

ママンペールの最新号が出ました。

IMG_9570

47ページを開くと…。

IMG_9571

院長が熱い視線を送っています。(笑)

受付と本棚に置いてあるので、

どうぞご自由にお取りください。

 

★祝☆

寒くなりましたね。今週末は台風が来るようですね。

被害なく過ぎ去ることを祈ってます。

こんにちは。歯科衛生士の益子です。

おかげさまで、今日10月8日で開院3か月が経ちました。

患者さんのために毎日頑張られてる院長にささやかなプレゼントをお渡ししました。

IMG_9007

ガーナチョコが大好きな院長。。。

大切に食べてほしかったのに…

あまりの嬉しさに5枚ぐらいお召し上がりになっていました。

嬉しい限りです。(笑)

私はBLACK派なので、BLACKチョコを買いました。

疲れたときには甘いもので疲れを吹っ飛ばして、

これからも頑張ります。

お返しは100倍返しでお願いします。(笑)

 

ママンペール

日曜日いかがお過ごしでしょうか?

今日はお出かけ日和ですね。

こんにちは。歯科衛生士の益子です。

ホームページでも紹介していますが、

ティースマイル矯正歯科が「ママンペール」に掲載されました。

IMG_8331

49ページを開くと…

院長がこちらを見つめています。(笑)

IMG_8332

ママンペールは歯科以外のお得な情報も載っているので、

是非ご覧ください。

こちらの雑誌は当院にもあります。

お家で読みたい方はお渡しいたしますので声をおかけください。

 

矯正治療の目標

診療の流れについて前回の精密検査についてからしばらくたってしまいました。院長の藤田です。

次は診断についてなのですが、それについてご説明する前に矯正治療の目標について考えたいと思います。

矯正治療では、理想的なゴール(歯ならび、かみ合わせ、上あご下あごの位置など)というものがあります。これは見た目的にも機能的にも考えられる最大限効果を発揮する状態で、ある程度矯正治療のトレーニングを積んだ矯正専門の先生であれば、ほぼ共通の認識になります。

一応矯正治療を始められる方には、まずこの理想的なゴールを目指すことを考えるのですが、実際には治療に際しては様々なことが関係してくるのでそのあたりのすり合わせが必要になってきます。

例えば、あるゴールを設定したとして、それを行うためには抜歯が必要、治療期間が長くなる、治療費が高くなる、付加的な装置が必要、、、など患者さんにとって負担となるようなことが考えられるかもしれません。そこで、患者さんが希望していることは何か?それを達成するためには何が必要か?それを受け入れて頂けるか?などをご希望を伺いながら、診断の時にすり合わせて、治療の目標、装置などを決めていきます。

よって理想的なゴールの認識は矯正治療を専門で行っている歯科医院であればほぼ一致するところではあるのですが、患者さんの状態やご希望などによってゴールや装置は変わってくる、と考えていいかと思います。

当院では以上のようなことから、相談時、検査時にいろいろとご希望を聞かせていただき、精密検査の結果と照らし合わせながら治療の方向性、装置などをご提案させていただきますので、治療に際してご要望等ございましたら遠慮なくお話しいただけたらと思います。