矯正治療 症例集|広島市中区紙屋町の矯正専門歯科医院 ティースマイル矯正歯科


症例集

当院矯正専門ブログでも症例をご紹介しています。是非ご覧ください。

症例9 ハーフリンガル 叢生と口元の突出を改善した症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い 口元を下げたい
診断名 前歯部叢生を伴う上下顎前突 Angle Cl. I
年齢 20代女性
治療に用いた主な装置 ハーフリンガル(上顎:裏側の装置、下顎:表側の装置)
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:左右第一小臼歯
治療期間 1年10か月
治療費 1,150,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例8 非抜歯にて叢生を改善した症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い
診断名 前歯部叢生 Angle Cl. I
年齢 10代女性
治療に用いた主な装置 上顎:表側の装置、下顎:表側の装置
抜歯部位 上顎:非抜歯 下顎:非抜歯
治療期間 1年1か月
治療費 850,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例7 前歯部叢生症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い
診断名 前歯部叢生 Angle Cl. I
年齢 20代女性
治療に用いた主な装置 上顎:表側の装置、下顎:表側の装置
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:左右第一小臼歯
治療期間 2年1か月
治療費 850,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例6 ハーフリンガル重度叢生症例:上顎歯列全体の遠心移動

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い
診断名 前歯部叢生 Angle Cl. II
年齢 20代女性
治療に用いた主な装置 ハーフリンガル(上顎:裏側の装置、下顎:表側の装置) 歯科矯正用アンカースクリュー(PLAS)
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:左右第二小臼歯
治療期間 1年9か月
治療費 1,150,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例5 ハーフリンガル 大臼歯開窓牽引 重度の叢生と口元の突出を改善した症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い 出っ歯
診断名 前歯部叢生を伴う上顎前突 Angle Cl. II 左上第二大臼歯欠損 左上犬歯および右下第二大臼歯埋伏
年齢 20代女性
治療に用いた主な装置 ハーフリンガル(上顎:裏側の装置、下顎:表側の装置) 左上第三大臼歯および右下第二大臼歯を開窓牽引
抜歯部位 上顎:右側第一小臼歯 左側埋伏犬歯 下顎:右側第一小臼歯 左側第二小臼歯
治療期間 1年10か月
治療費 1,150,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例4 ハーフリンガル上下顎前突症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 出っ歯 口元を下げたい
診断名 前歯部叢生を伴う上下顎前突 Angle Cl. II
年齢 30代女性
治療に用いた主な装置 ハーフリンガル(上顎:裏側の装置、下顎:表側の装置) 歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:左右第一小臼歯
治療期間 2年1か月
治療費 1,150,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例3 口もとを大きく下げることができた症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 口もとを下げたい
診断名 前歯部叢生を伴う上下顎前突 Angle Cl. I
年齢 30代女性
治療に用いた主な装置 上顎:表側の装置、下顎:表側の装置 歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:左右第一小臼歯
治療期間 1年6か月
治療費 850,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例2 子どもの矯正治療:反対咬合

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中  

▼治療後

治療後 治療後
主訴 受け口
診断名 機能性反対咬合
年齢 8歳男子
治療に用いた主な装置 リンガルアーチ
抜歯部位  
治療期間 3か月移動 その後永久歯交換を観察
治療費 450,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

症例1 ハーフリンガル重度叢生症例

▼治療前

治療前 治療前

▼治療中

治療中 治療中

▼治療後

治療後 治療後
主訴 歯ならびが悪い
診断名 前歯部叢生 Angle Cl. II
年齢 20代女性
治療に用いた主な装置 ハーフリンガル(上顎:裏側の装置、下顎:表側の装置)
抜歯部位 上顎:左右第一小臼歯 下顎:非抜歯
治療期間 1年10か月
治療費 1,150,000円
リスク・副作用 痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などが一般的なリスクと副作用です。

当院矯正専門ブログでも症例をご紹介しています。是非ご覧ください。


ご予約・ご相談はお気軽に

電話をかける
24時間オンライン予約

ご希望の時間の予約が24時間オンライン予約上で取れない場合でも電話予約が可能な場合があります。お気軽にご連絡ください。

Copyright © 2014-2021 Teethsmile Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ

082-240-1182 24時間オンライン予約

24時間オンライン予約

MENU